日本における相続不動産の流動性と課題

query_builder 2024/06/13
ブログ
令和の相続財産1

日本における相続不動産の流動性と課題

日本では、急速な高齢化社会の進行に伴い、相続不動産に関する問題がますます顕在化しています。特に、認知症患者が所有する資産が全体の約10%を占めるというデータは、非常に大きな財産が市場に出回らず、滞留していることを示しています。



このような背景から、相続不動産の流動性とその課題について詳しく見ていきます。 相続不動産の流動性 相続不動産の流動性とは、相続によって取得した不動産がどれだけ迅速かつ効率的に市場に流通するかを指します。

不動産の流動性が高い場合、売買が活発に行われ、資産の有効活用が進むため、経済全体にも好影響を与えます。しかし、日本における相続不動産の流動性は、以下の要因によって低下しています。



課題とその要因


1. 認知症と資産管理の問題: 日本では、認知症患者の増加により、管理が難しい不動産が増えています。認知症患者が所有する資産は、成年後見制度を活用することで管理や売却が可能となりますが、この制度の利用率は低いのが現状です。成年後見制度とは、認知症などで判断能力が低下した人に代わって、後見人が財産管理や契約手続きを行う制度です。しかし、手続きが煩雑で費用がかかるため、普及が進んでいません。


2. 相続税の負担: 相続税の負担が大きいことも、不動産の流動性を低下させる一因です。日本では、相続税が高額になることが多く、その結果として相続不動産を維持することが困難になる場合があります。特に、現金が少なく不動産が多い家庭では、相続税を支払うために不動産を急いで売却しなければならない状況に陥ることが少なくありません。これを防ぐために、生前贈与や不動産の有効活用といった相続税対策が求められます。


3. 手続きの複雑さ: 相続手続きは非常に複雑で、多くの書類が必要です。この手続きの複雑さが、不動産の迅速な売却や管理を妨げる要因となっています。相続登記、遺産分割協議書の作成、遺言書の確認など、多岐にわたる手続きが必要であり、専門家の助けなしではスムーズに進めることが難しいのが現状です。弁護士、司法書士、税理士といった専門家と連携し、手続きを円滑に進めることが重要です。


4. 法的リスクの存在: 相続不動産には、法的リスクも伴います。たとえば、相続人間での遺産分割協議がまとまらず、紛争が生じることがあります。また、遺言書が存在する場合、その内容が不明確であったり、法的に有効でなかったりする場合もあります。これらのリスクを最小限に抑えるためには、相続に関する法的なアドバイスを受けることが必要です。 解決策と取り組み これらの課題に対処するためには、以下の取り組みが重要です。


1. 成年後見制度の普及と利用促進: 成年後見制度の利用を促進するためには、制度の周知徹底と手続きの簡略化が求められます。自治体や専門家団体が連携し、認知症患者の家族に対する情報提供やサポートを強化することが必要です。


2. 相続税対策の推進: 相続税の負担を軽減するためには、生前贈与や不動産の有効活用といった対策が有効です。また、税務専門家の助言を受けながら、計画的に資産の分配を行うことが重要です。


3. 専門家との連携強化: 相続手続きを円滑に進めるためには、弁護士、司法書士、税理士といった専門家との連携が欠かせません。専門家のサポートを受けることで、手続きの複雑さや法的リスクを軽減し、迅速な不動産取引を実現できます。


4. 情報提供と教育: 相続や遺産分割に関する正確な情報を提供することが重要です。セミナーやウェビナーの開催、ガイドブックの作成などを通じて、相続に関する知識を広める取り組みが必要です。



まとめ

日本における相続不動産の流動性を高めるためには、制度の見直しや専門家のサポート、情報提供の強化が不可欠です。ベルスタート株式会社では、相続不動産の売却や管理に関するご相談を随時受け付けております。お客様が安心して不動産取引を進められるよう、全力でサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

記事検索

NEW

  • 日本における相続不動産の流動性と課題

    query_builder 2024/06/13
  • 不動産市場の三極化

    query_builder 2024/06/06
  • 能登半島地震への支援と想い

    query_builder 2024/02/26
  • 【社名の由来】ベルスタート株式会社

    query_builder 2023/12/17
  • 近況のご報告

    query_builder 2023/05/29

CATEGORY

ARCHIVE