再開発中の武蔵小山駅とベッドタウンの西小山駅|2つの街の住みやすさを徹底解説!

query_builder 2022/04/26
ブログ
武蔵小山駅


~~住みやすさで評価の高い武蔵小山駅と西小山駅。両地域共通の住みやすさの理由がわかりました。特に武蔵小山は大規模再開発中で新たな街の姿に変わっていく様子と変わらないものが融合されています。2つの地域はなぜ住みやすいといわれているのかを徹底解析~~





山手線目黒駅から東急目黒線で約4分の近さにもかかわらず、都会の殺伐さを忘れ都会と地方を融合させたどことなく落ち着く雰囲気を合わせ持っている武蔵小山駅と西小山駅



現在、大規模再開発中の武蔵小山駅は、駅の西口が目黒区、東口が品川区の2つの区を跨いでいます。



どちらの駅も都心へのアクセスは良好で商業施設も充実していることから住みやすいと評価も高く、武蔵小山は住みやすさランキング1位を獲得しています。



本記事では、ベルスタート株式会社のお膝元の武蔵小山と西小山は本当に住みやすい地域なのか、地域密着企業ならではの視点で解説しています。



引っ越し先の候補を武蔵小山、西小山で検討している方に最新の情報をお届けします。


 


武蔵小山駅周辺情報



東口周辺を大規模再開発中の武蔵小山駅。再開発は5つのエリアに分けられており、順次再開発が進められています。



武蔵小山駅周辺には、武蔵小山シティタワーが2021年4月に竣工、パークシティ武蔵小山は2019年9月竣工、2つのタワーマンションの低層部分には商業誌施設ザ・モールが入っており、カフェから飲食店、物販などが展開され、広場にはイベントスペースが設けられています。


 


西小山周辺情報



武蔵小山駅の1駅先が西小山駅です。駅前には広場が整備されており、スーパーや小さな商店街もあります。



下町のような風情も感じられる西小山地区は、駅前の商店街を出ると住宅街へと続き、街の風貌が変わります。



住宅街は低層階マンションや戸建ての多い地域で、日々の買い物は駅前まで足を運ぶ方が多い印象です。


 


武蔵小山と西小山が住みやすい理由



複合施設なども建築され街全体が綺麗に整っている武蔵小山駅周辺と、西小山駅周辺の住みやすさは気になるところでしょう。



そこで、武蔵小山、西小山へ引っ越しを検討されている方にどの辺が住みやすい理由になっているのか解説していきます。


 


治安の良さ



住む地域の治安の良し悪しはどうしても気になってしまうものです。武蔵小山や西小山は一戸建ての多いエリアということ、公園も充実しており、単身者より家族連れが比較的多く住んでいる地域です。



町内放送などの呼びかけも行なっており、皆で地域を見守っている印象です。


 


買い物に便利



東洋一のアーケードとしても名高い有名なパルム商店街が武蔵小山駅にはあります。地域によって商店街が閉鎖されている例もよく知られていますが、パルム商店街は常に活気に溢れており、住民の食の宝庫の存在です。



一方、西小山駅周辺にも小さな商店街があり、駅ビルには東急ストアやファミリーレストランもあります。商店街には鮮魚店や果物店からドラッグストアまで充実しており、生活に便利な物は商店街で揃えられます。


 


主要駅へのアクセスがよい



東急目黒線は目黒駅が始発の路線です。武蔵小山駅まで約4分、西小山駅は約8分と都心部までの利便性に長けています。



また、渋谷からもタクシー料金は約2,340円程度、品川からは約1,620円なので、終電に乗り遅れてもタクシーで帰宅も検討できる範囲になります。


 


公園が多く子ども遊ぶ施設が充実している



公園が多く、商店街のお年寄りも子どもに優しく接してくれるため、家族世帯には住み心地がよいと高評価です。



パルム商店街には親子カフェもあり、店内には子どもに嬉しいボールプールや滑り台も常設しています。ママたちはゆっくりお茶と会話を楽しみ、子どもたちは遊びに夢中になれるのも嬉しい施設ですね。


 


再開発地域



長い期間をかけて武蔵小山駅周辺の再開発に取り組み、現在は駅前に聳え立つ2つのタワーマンションが武蔵小山駅の象徴にもなっています。



タワーマンションの低層階には商業施設が展開しており、モールの中央の広場は週末にイベント開催も催されています。



今後パルム商店街も再開発に指定されており、2029年に完成とまだまだ先の予定です。



3つのタワーマンションが商店街をまたぐように建築される予定とされており、歴史あるパルム商店街がどのように様変わりするのか期待をしています。


 


パルム商店街



パルム商店街は1956年に誕生し、当時全長470mの長さでも東洋一と言われていましたが、現在は800mにも及ぶ大型アーケード商店街です。



武蔵小山といえばパルム商店街という程、街のシンボルとなる商店街で、アーケード内には約250店舗が軒を連なり、都心では珍しく大型駐車場を完備しています。



天候を気にせず買い物ができるのも嬉しい特徴の1つですね。


 


まとめ



武蔵小山、西小山の2つの地域は、子育て世代からご高齢の方まで住みやすさが追求されている街となっており、都心部からのアクセスも良好ながらも、殺伐感が感じられない人情に溢れた地域です。



ベルスタート株式会社では武蔵小山、西小山を管轄エリアとしており、不動産全般を含め、相続や空き家管理などあらゆるご相談に対応しております。



各種ご相談は、お電話、メール、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。




記事検索

NEW

  • いつから本格稼働?いよいよ始まる不動産売買の電子契約化について解説

    query_builder 2022/05/18
  • 不動産相続マンション国が路線価を認めず|今後の影響を含め解説

    query_builder 2022/05/11
  • 再開発中の武蔵小山駅とベッドタウンの西小山駅|2つの街の住みやすさを徹底解説!

    query_builder 2022/04/26
  • 適切な空き家管理とは?自分で空き家を管理する際の管理方法5か条

    query_builder 2022/04/19
  • 初めての相続でも即わかる|不動産の相続手続きの5つのステップと費用

    query_builder 2022/04/11

CATEGORY

ARCHIVE