品川の不動産売却・
品川不動産売却相談センター

の口コミ情報

お客様目線で品川の不動産売却の相談に丁寧にアドバイス

熟練の不動産サポートサービスとして、お客様の立場に立って分かりやすく丁寧に解説しながら、「お客様目線」で品川近隣皆様の不動産売却のご相談に丁寧にアドバイスいたします。不動産売却のエキスパートとして、品川近隣の様々な任意売却のご相談にも柔軟に対応しており、熟練の実務ノウハウを駆使して、地域の任意売却を手厚く支援しています。住宅ローンでお困りの方々に、無理のない条件で進める現実的な債務整理プランをご提案します。

熟練のスキルを駆使して地域の任意売却を手厚く支援

任意売却とは、住宅ローンなどの借入金が返済できなくなった場合に、所有者の希望条件を住宅ローン担当の金融機関に伝えて了承を得た上で、一般市場にて売却する方法です。任意売却の流れとしては、まず住宅ローンの返済を滞納して1~2ヶ月経過すると、金融機関から督促状が届きます。状況の改善が見込めない場合、この段階で金融機関に返済計画の見直しを相談するか任意売却を検討するべきです。滞納が3ヶ月を超えると、競売開始の恐れがあります。

任意売却に着手する場合は、任意売却を進めるにあたっての諸条件について、金融機関に連絡をとって交渉します。交渉に臨むにあたり、不動産の査定を行います。価格査定を誤ると販売が間に合わず競売になってしまったり、残債が必要以上に多く残ってしまったりするため、適切な価格査定は任意売却を成功させる上で重要です。地域密着の不動産売却サービスとして、品川近隣の任意売却を手厚く支援いたします。

住宅ローンでお困りの方々を不動産管理のプロとしてサポート

任意売却として不動産売却を行うには、原則として不動産に当てられている金融機関の「抵当権」を解除しなければいけません。住宅ローンの滞納が続いた場合、住宅ローンを担当している金融機関はこの「抵当権」を行使して、不動産を競売に出すことになりますが、不動産所有者にとって競売は様々なデメリットがあるため、品川近隣でやむを得ない理由で住宅ローンを滞納してしまった場合は、競売にかけられる前に任意売却を検討することをおすすめします。

任意売却は様々な面で競売よりもメリットがあります。競売では比較的安く売りに出されてしまいますが、任意売却は一般市場で売却できるため、競売よりも高値で売れる可能性があります。競売では、一般市場よりも2~3割程度安価になってしまうと言われています。物件の売却後も、残っている債務は金融機関などの債権者と協議した上で、債務者の無理のない範囲で分割返済ができます。

無理のない条件で進める現実的な債務整理をバックアップ

任意売却サポートに注力する不動産売却サービスとして、品川近隣の住宅ローンでお困り方々の現実的な債務整理を支援します。任意売却であれば、売却後も家賃を支払うことで賃貸物件としてその家に住み続けられる場合もあります。また、債権者との交渉次第ですが、最大30万円の引っ越し費用を売却代金から控除してもらえる可能性があり、金銭的負担が軽減されます。

引っ越し時期に関しては、競売の場合、引っ越し先が決まっていない場合でも買い手が見つかれば強制退去を求められる場合がありますが、任意売却では債権者との交渉で引っ越し日を相談できます。対外的な面においても、競売の場合、物件の情報が新聞やWebサイトで公告されてしまい、近所や周辺の知人に知れ渡りトラブルになることも少なくありませんが、任意売却では一般的市場で取引が行われるため、所有者の経済状況などが知れ渡ることはなく安心して取引を行えます。